アイフルの利息少なくしたい…それなら返済日、要チェックかも!?

アイフルのような困った時にすぐ借りれるキャッシングサービスはとても便利で頼りになりますが、利息がかかるのが悩ましいところですよね。お金を借りる以上、利息を支払わなければいけないのは仕方がないことですが、できる限り支払額を小さくしたいと思う人は多いでしょう。そんな方にぜひ一度チェックしてみてほしいのが、毎月の返済日です。

実はアイフルの返済日は2種類から選ぶことができるというのは、ご存知ですか?1つは毎月決まった日に返済をするという約定日制、もう1つは前回の返済日の翌日から35日以内に次の返済をするサイクル制です。約定日制の方は毎月返済期日までの10日間が返済期間となるのに対し、サイクル制では返済期日までの間であればいつでも返済可能となっています。この2つの方法、どちらが最終的な支払総額を小さくできる可能性が高いでしょうか?

答えはサイクル制の方です。そもそもキャッシングの利息というのは仕組み上、返済期間が長くなればそれだけ金額が大きくなるようになっています。つまり、『いかに返済期間を短縮するか』というのがポイントになるのです。約定日制とサイクル制を比べてみると、それぞれ次の返済日まで最大31日と最大35日となっており、一見すると約定日制の方が短期で返済できそうですが、実はそうではありません。

約定日制の場合、返済期日の10日前にならなければその月の返済ができず、さらに早めに支払いを済ませたとしても次回の返済日は変わりません。一方、サイクル制では次の返済期日まで出ればいつ返済を行ってもよく、その返済した日を基準に次の返済期日が設定されます。したがって、うまくやれば返済日をどんどん前倒ししていくことができるのです。

繰り上げ返済や一括返済をするほどの余裕はなくても、あらかじめ決められた返済額を早め早めに支払っていくことならできそう!という方にはこのサイクル制を選択することを強くおすすめします。なんとなくで選んでしまいがちな返済日ですが、実はかなり重要な意味を持っているということがおわかりいただけたでしょうか?ぜひ一度ご自身の返済日をチェックしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2024 審査の甘いキャッシング!?みんなが使ってる消費者金融はコチラ! All Rights Reserved.