知ってて得するキャッシング金利と法律の話

キャッシングの金利、ちゃんとわかってる?知ってて得する法律のお話

必要な時にすぐお金が借りられるキャッシングはとても便利ですが、金利がかかるのはちょっと気になりますよね。たとえ大した金額の借入ではなくても、返済期間が長くなると少しずつ利息が膨らんでいって意外と高いお金を支払う羽目になり、驚くこともあるかもしれません。キャッシングを利用する上で、金利についてきちんと理解しているかどうかと言うのはかなり重要なポイントになります。ここでは、知ってて得するキャッシングの金利と法律のお話について解説していきます。

キャッシングの金利には2つの法律が関わっています。利息制限法と出資法です。現在、それぞれの上限金利は同じ、金額に応じて15~20%という設定になっています。実はこの上限金利が2つの法律で異なっていた時代が時代があったというのはご存知でしょうか?

もともと、利息制限法の上限金利は15~20%となっていましたが、出資法ではなんと29.2%という数値が定められていました。そして民事の法律である利息制限法に違反しても大きな罰則はなく、出資法の上限金利を超えて初めて刑事罰を受けることになるという状態だったのです。そのため、本当ならば15~20%までしか金利を取ってはいけないのに、29.2%で契約を結んでいるキャッシング業者というのが後を絶ちませんでした。この20%以上29.2%以下の金利のことを、通称グレーゾーン金利と呼びます。

グレーゾーン金利は大きな問題となり、2006年についに法律の改正が決まりました。出資法の上限金利が利息制限法に合わせられることになったのです。またこれを受けて、過去にグレーゾーン金利で支払っていた金利の返還を求める過払い金返還請求も認められるようになりました。こうして本来の適切な金利でキャッシングが利用できるようになったのです。これはキャッシングの歴史の中でもかなり重要な出来事と言えるでしょう。

キャッシングの金利と法律の大事な関係について、おわかりいただけたでしょうか?もしも上限金利を超える金利を提示してくる業者があったとしたら、他の条件がどんなに良かったとしてもその業者は違法な闇金融だと思って間違いありません。法律を含めて金利を理解するというのは、自分の身を守るためにも必要なことなのです。知識をきちんと身に付けて、安全・快適なキャッシングライフにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2024 審査の甘いキャッシング!?みんなが使ってる消費者金融はコチラ! All Rights Reserved.