年金受給の高齢者も安心!きのくに信用金庫のカードローン徹底検証!

カードローンなどを利用しようと思ったとき、いちばんに気になるのは自分の条件でも借入ができるかということですよね。60歳を超えるいわゆる高齢者と呼ばれる年代になってくると、定年退職による収入減や健康面のリスクといった年齢的な問題はどうしても出てきます。それもあって、やはり審査の面ではあまり有利になるとは言えないのが実情です。中には満60歳以上になると借入の申し込み自体ができなくなってしまう業者も少なからず存在します。

そんな不安をかかえる高齢者の方にぜひ知ってほしいのが、きのくに信用金庫のカードローンです。きのくに信用金庫は和歌山県を中心に展開する地域密着型の信金で、営業地区内に住んでいればカードローンを含めた様々なサービスを利用することができます。このきのくに信用金庫のカードローンの特長としては、とにかく種類が多いこと、とりわけ高齢者でも利用できるタイプのローンが充実していることが挙げられます。ここでは高齢者にうれしいきのくに信用金庫のカードローンを徹底検証していきましょう。

上でも述べたとおり、きのくに信用金庫のカードローンはとにかく種類が多く、実に6種類もの商品の中から自分に合ったものを選ぶことができます。そしてそのうちのなんと4種類、つまり3分の1で65歳まで(1つは67歳まで)借入の申し込みをすることが可能です。さらに『しんきんカードローン』なら65歳までに申し込みをしておけば、自動更新で70歳まで利用を続けることができるとあって、かなり高齢者にとっても利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

また、年金以外に収入がないのでカードローンを利用できない…と諦めてしまっている方はいませんか?きのくに信用金庫では、年金受給口座を持っていれば他に収入がなくても利用できる『シルバーライフローン』という商品も用意されています。借入限度額は10万円以上100万円以下とやや抑えめですが、なかなか他のカードローンを利用しにくい年金受給者の方にとってはかなり頼りになるのではないでしょうか?

カードローンと言うとテレビCMで見るような大きな有名銀行に目が行ってしまいがちですが、意外とご近所の信金の方がフレキシブルな対応が可能だというのはよくあることです。ぜひともカードローンを上手に活用して、老後の生活を豊かにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2024 審査の甘いキャッシング!?みんなが使ってる消費者金融はコチラ! All Rights Reserved.